非接触三次元測定機とは

非接触三次元測定機の測定対象物は何?

非接触三次元測定非接触三次元測定機は比較的小さな対象物、あるいは大きな測定対象物でもある程度狭い範囲を精密に測定する測定機となります。
接触式三次元測定機は、その性質上、プローブを用いて、点と点を結ぶ範囲を測定するという形になります。
それに対し、非接触三次元測定機は測定範囲全域を取り込むという形になります。
そうなると必然的に取り込む画像の容量が多いため、「接触式」と「非接触」で性質の異なる測定対象物となります。
しかし、μCMMが新発売になり、接触式三次元測定機のような測定が可能になりました。

測定原理による測定対象物の違い

ワーキングディスタンス非接触三次元測定機には、様々な測定原理がありますが、有名な測定原理は二つあります。
一つは共焦点顕微鏡法、もう一つは白色光干渉法があります。
二つの測定原理に関しては、また別の機会に触れますが、今回は得意な測定対象をあげます。
どちらもサンプルとレンズの距離(ワーキングディスタンス、WD)が狭いため、立体的な測定対象物よりも平面を測定するのが得意となります。
粗さ測定であったり、測定機によっては、鏡やガラス、レンズを測定することも可能となります。
それに対して、アリコナの測定原理は、全焦点顕微鏡法となり、上記の二つと異なります。

全焦点顕微鏡法の測定対象物

ギア全焦点顕微鏡法の利点としては、WDが広く取れるため、測定対象の高低が大きくても測定できるところが強みです。
そのため、Z方向(地面に対して上下方向)の距離がある複雑形状の測定対象物に有効な測定方法と言えます。
回転工具であったり、インサートであったり、あるいはギアのような回転も高低差もある測定対象物も得意とするところとなります。

大きな面積を測るとなると、データ容量も大切となってまいりますので、基本的にはテーブルの動く範囲のサイズを取り込むものと言うのが限界と思っていただいて間違いないと思います。
以上のように、測定原理により非接触三次元測定機を選ぶという観点も重要となりますので、選定の際には是非意識してみてください。

万能型非接触三次元測定機「μCMM」新発売

insertsample2従来のインフィニートフォーカスシリーズでは、自動テーブルがボールねじでエンコーダーも精度の高いものではなかったため、フィッチングという画像と画像を連結させる技術を用いて、データの精度を担保しておりました。
それに対し、「μCMM」は全軸が独立系でグラナイトでできており、エンコーダーも3.9nmと精度が高く、エアベアリングでリニアで動くため、画像と画像が離れた状態でも精度を保ち、幾何学的解析が可能となります。
そのため、従来では不可能であった接触式三次元測定機のような測定も可能となり、大きな測定対象も測定することが可能となりました。
時代も変化しており、従来の常識では測定できなかったものも取込、解析をすることが可能となりました。
例を挙げますと、今まで測定不可能であった「透明体」「高反射面」「立壁や穴の内径」です。

上記の測定でお困りの場合、是非弊社にご相談をしていただければと思います。

カタログダウンロードはこちらから

三次元測定機のページはこちらから