非接触三次元測定機導入事例集vol.7

公設試験場における導入事例

非接触三次元測定機の導入背景

公設試験場における導入背景は、地元企業、国家機関との共同研究、以前導入していた測定機の更新、地元企業にご使用いただくために幅広い物が測定できる測定機の選定、地場産業に即した測定機であることなど、様々な理由があります。

非接触三次元測定機の具体的なメリット

・非接触で様々な材質、形状のサンプルを測定することが可能。
・測定時間も使用料金として重要なポイントのため、測定スピードが速いということ。
・公設試験場の職員だけでなく、地元企業の方にも測定が簡単にできること。
・従来の測定機では測定出来なかった箇所が測定出来ること。
・校正頻度が少なく、安価であること。

導入している公設試験場

・宮城県産業技術総合センター(インフィニートフォーカスG4)
・埼玉県産業技術総合センター北部研究所(インフィニートフォーカスG5)
・山梨県産業技術センター(インフィニートフォーカスG5)
・滋賀県東北部工業技術センター(インフィニートフォーカスSL)
・鳥取県産業技術センター(インフィニートフォーカスG4)
・広島県立総合技術研究所西部工業技術センター(インフィニートフォーカスG5XL200)
・鹿児島県工業技術センター(インフィニートフォーカスG5)

カタログダウンロード、製品ラインナップ

非接触三次元測定機カタログダウンロードバナー非接触三次元測定機製品ラインナップバナー非接触三次元測定機測定事例集
非接触三次元測定機導入事例集