トップバナーvol.4

モーメント荷重がガイドポストとベアリングに及ぼす影響

モーメント荷重(偏荷重)はガイドポストやベアリングに大きな影響を及ぼし、結果としてガイドの寿命や加工精度に関わってきます。
ここでは、ボール/ローラーガイドの耐荷重とモーメント荷重の影響をできるだけ小さくする方法をご紹介します。

ボール/ローラーガイドの耐荷重

ボール/ローラーガイドを選定する上で最も重要な指標の1つが、耐荷重です。
この耐荷重の数値が高いほど、打ち抜き加工やプレスの動的挙動によって生じる水平方向の力を、ガイド部品を損傷することなく、受けることができます。
一方で、ガイドポストは金型のガイド機能だけでなく、プレス機のプレスラムの動的挙動にも大きな影響を与えます。
そのため、ガイド部品には耐荷重の高いボール/ローラーガイドを使用することが重要となります。
このボール/ローラーガイドの耐荷重は、ベアリング自体の耐荷重と数に依存します。
アガトン社のカタログには各リテーナの耐荷重を記載してあります。
リテーナを選定する際はご参照ください。

モーメント荷重によるたわみの発生

モーメント荷重モーメント荷重によりベアリングに負荷がかかると、通常ベアリングの弾性変形によりモーメント荷重を受け止めます。
しかし、ベアリングの耐荷重の限界に達すると、ガイドポストにたわみが発生します。
このたわみの発生は上下金型部品の位置ズレを起こし、結果として加工精度の低下やガイドや周辺部品の寿命の低下を引き起こす可能性があります。
ブッシュやリテーナをできるだけ長くすることや、ガイドポスト径を大きくすることでベアリング数を増やすことができ、その結果より大きなモーメント荷重を受けることができます。

この記事の内容はカタログ「アガトン プレス・プラスチック金型標準部品」にも記載してあります。
カタログは以下のバナーよりダウンロードいただけます。

 

関連リンク

関連製品の詳細、その他の製品・技術情報、カタログダウンロード、及びお問合せについては以下バナーをクリックしてください。

関連製品リンク

関連製品の詳細については以下バナーよりご覧ください。
(クリックするとページが移動します)

アガトンガイドバナー2アガトンローラーガイドバナー2

製品ラインナップ・技術情報

製品ラインナップや技術情報は以下バナーよりご覧ください。
(クリックするとページが移動します)

製品ラインナップバナー2技術情報ページバナー2

カタログダウンロード・お問合せ

各種カタログは以下のバナー(左)よりダウンロードいただけます。
製品に関するご不明な点、ご質問、およびお見積り依頼は以下のバナー(右)よりお気軽にお問い合わせください。
(クリックすると新たなタブが立ち上がります)

カタログダウンロードバナー2お問い合わせバナー2