自動欠陥検出器バナー

タービンブレードの欠陥検出と欠陥解析の自動化ソリューションを発表

ブルカー・アリコナ社はこれまで多くのお客様から高速で自動化された欠陥検出装置のご要望をいただいておりました。
欠陥検出は生産現場で行うことが前提のため、短時間での測定が必須事項でしたが広範囲を測定する必要があるため、どうしても測定に時間を要していました。
今回発表されたソリューションは広範囲の欠陥検出を短時間で画像処理を行うためのセンサーと、検出された欠陥箇所を精密測定するセンサーを組みあわせたものです。また、非測定物のハンドリングは多関節ロボットにより行われるため、タービンブレードなどサイズのバリエーションがある場合でも柔軟に対応します。
是非、YouTubeをご覧ください。
製品に関するご不明な点、ご質問は以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

お問い合わせボタン