7995

ショートストローク金型対応の高精度位置決めユニット(7995シリーズ)

従来の位置決めユニット(7990シリーズ)のブッシュ内にサークリップを設けることで、クリープ現象を防ぐことができます。
そのため、ストロークが短いエジェクタプレート等での使用に適しております。

クリープ現象の抑制

 7995ブッシュ7995シリーズではブッシュ内にサークリップを設けました。
これによりショートストロークでご使用する場合に起こりえるクリープ現象をサークリップで抑制できます。

従来の7990シリーズ用の金型設計で置き換え可能

金型に組み込まれる部分である本体・ブッシュどちらの径(下記図面d3部)も、従来の7990シリーズと同じ寸法となっています。そのため、現在の金型寸法を変更することなくご利用いただけます。

※注意※
7990シリーズではブッシュは両側どちらからでも挿入可能でしたが、7995シリーズは片側からのみとなります。

各部寸法

位置決めユニット

仕様

材質 本体 SCr415
リテーナ アルミ合金
ローラー、ブッシュ 特殊ベアリング鋼(SUJ2相当)
硬さ SUJ2 : HRC62-64
SCr415 : HRC61-63
表面粗さ プレート導入部 Ra0.4
軸外径部 Ra0.1
推奨はめあい公差 js4/H5(H6)
耐熱温度 150℃
付属品 クランプ2個、ネジ2個
M6x65 1本(Sサイズ)
M8x70 1本(Mサイズ)
取付方法 ネジ止め
ブッシュ クランプ止め