ロボット式非接触三次元測定機

ロボットを使用した非接触三次元測定機

コンパクトCOBOTアリコナイメージング社が提供している非接触三次元測定機には、センサーR25のようなセンサー部のみの取り扱い製品もあるため、様々なシーンにて使用することが可能です。
その中でも、革新的なタイプの使用方法がロボット式非接触三次元測定機COBOTです。

測定機の原理はインフィニートフォーカスシリーズで採用されている「焦点移動法」を使用しており、測定に関してはスピード、精度、ワーキングディスタンスで非接触三次元測定機としては最高の性能を有しております。「焦点移動法」は測定原理として振動に強いため、ロボットでの測定を可能としております。
※サンプルとレンズとの距離

ロボット式非接触三次元測定機の用途

ロボットを使用した非接触三次元測定機の用途としては、インライン検査だけではなく、通常の三次元測定機では測定することが困難なほど大きな測定対象が挙げられます。
例えば、フライスカッターのチップを装着した状態での測定、タービンディスクや電気丸鋸の刃などの測定も挙げられます。
また、オートメーションマネージャーを標準搭載しており、自動測定を可能としております。

cobot_cutter2robot_saw2

様々なカスタマイズにも対応

基本仕様としては、センサーR25とロボットアーム、制御用PCとスマートフォン等がございます。マニュアルでの設定では、スマートフォンでの測定箇所の確認や調整も可能です。
スマートフォンでの調整ロボットの調整

様々なシーンや測定対象に対してのカスタマイズにも対応しております。上記のカッターの測定はCOBOTというポータブルなタイプを用いております。

また、丸鋸のようにCADを使用した自動測定「CAD/CAM Suite」を使用しての遠隔での自動測定も可能です。