BP-MXシリーズ_プラシ仕上げ盤(バリ取り・ポリッシング・Rホーニング)_ゲルバー社

ブラシ仕上盤BP-MXシリーズコンセプト

GERBER/ブラッシングマシン“BP-MX”の重要なコンセプトのひとつに「モジュラー構造」があります。各ユーザー様の異なるご要求(ワーク形状・生産数量・自動化など)にマッチした仕様で機械を提案することができ、高い生産性と大幅なコストダウンが必ず実現されます。

加工の原理

ワークピースはキャリアと呼ばれる円盤状のホルダーにセットします。その際ワークピースを保持するためにケージと呼ばれる円盤を利用。ケージは原則としてワークピースの形状やサイズに合わせて用意します。
ブラッシングテーブル(ベーステーブル)にキャリアをセットし、プラネタリー運動(遊星運動)加えながら回転させます。加工ブラシが下降し最適なプレッシャーのかかる位置で加工を開始します。ブラッシングテーブルと加工ブラシの中心軸は同軸上にないためセットされたワークピース全てに均一な加工がされます。

ブラシ仕上盤の特長

  • 多くの種類のブラシが自社開発され、様々な材質・目的に対応
  • 用途に合わせ乾式加工と湿式加工を選択できる
  • フルクローズド仕様による安全性の向上
  • 自社開発の特殊ブラシとダイヤモンドペーストの組み合わせにより加工
  • ダイヤモンド砥粒やGC砥粒が配合された自社開発の特殊樹脂製ブラシにより加工
  • ワーク側の自転/公転とブラシの自転により均一な加工を実現
  • ダイヤモンドペーストの自動塗布機能を装備(オプション)
  • 量産から多種少量生産、自動化にも幅広く対応
  • ユーザーフレンドリーなタッチパネルスクリーンの採用gerber_kopf_bp_mx

主な用途

  • 自動車・医療器等の精密部品のバリ取り量産加工
  • プレスパンチ等のポリッシング
  • 凹凸面のある製品(アルミ用チップ等)の全面を均一にポリッシング
  • ドリル、エンドミル等の回転工具の刃先を均一にR-ホーニング
  • 複雑形状部品、光学部品の鏡面仕上げ
  • スローアウェーチップのエッジホーニング
  • 各種工具のエッジを均一にホーニング(R-ホーニング)

その他の機種

バリ取り用全自動タイプ
(表裏反転機能付き)
BS-150
試作・小ロット対応タイプ BP-Smart

標準仕様

搭載可能なキャリア枚数 2枚~10枚
キャリア外径サイズ φ75mm~φ250mm
ブラシ外径サイズ φ300mm 又は φ380mm
Z軸(ブラシ下降軸)の移動距離 300mm
ブラシの回転数 60~600rpm
ブラシモーター 2.2kW/3.0kW/4.0kW
ベーステーブルの回転数 3.5rpm 又は 7.0rpm
冷却方法 ファンによる冷却(標準)
機械寸法 幅1130mm x 奥行950mm x 高さ1810mm
機械重量 670kg
電源 3相400V