非接触三次元測定機センサー

世界初の非接触三次元測定用センサー

非接触三次元測定機INFINITE FOCUSシリーズの中には、世界的にもかなり珍しいセンサー部のみのお取り扱いもあります。
インフィニートフォーカスSLのヘッド部分を取り外した状態を想像していただければ、間違いありません。
測定原理は「焦点移動法」、スペック等も同等となっており、非接触三次元測定機でNo.1のワーキングディスタンスがあるため、様々な形状に対応することが可能となっております。
※注:制御系はデスクトップ型パソコンとなります。

どんな場所にも取り付けが可能

sensor_r25_ver2光学式非接触三次元測定の原理上、振動がなければどのような姿勢でも測定が可能です。
スタンドアローンの標準機のような下を向いた姿勢だけでなく、センサーを横に寝かしたタイプもございますので、取り付ける場所は無限に広がります。

例えば工場の工程上(In-line、インライン)で、自動測定を行えます。

固定したセンサーの場所へロボットで運搬し、測定することが出来ます。

またロボットに取り付けて、測定することも可能となります。


ロボットに取り付けて測定をするIF-ROBOTと言う商品もカスタマイズで取り揃えております。
ご興味のある方は、お問合せページよりご連絡ください

非接触三次元測定による機上測定も可能

放電加工機にR25を取り付け、光学式非接触三次元測定による機上測定が可能になります。
こちらはClosed-Loop Manufacuringと言う技術となります。


通常、放電加工機において、加工物の心出し→プログラミング→加工→試料を外し→測定機に持っていき→測定を行います。
もし、値が外れていた場合、また心出し→プログラミング→加工→試料を外し→測定機に持っていき→測定を繰り返します。
しかし、Closed-Loop Manufacuringでは、加工物の心出し→プログラミング→その場で測定を行い→その結果をプログラミングに反映し→そのまま加工を続けていきます。
作業者の工数削減に寄与いたします。

三次元測定の幅を大きく広げるスペック

ハードウェア、ソフトウェアのスペックはINFINITE FOCUS SLと同等となっておりますので、充実の仕様となっております。
標準ソフトウェアのプロファイル解析、線粗さ、面粗さ、体積解析、2D解析はもちろんのこと、オプションの差分解析などのソフトも装備することが可能となっております。
roughness

profile_analysis

全般仕様

測定原理 焦点移動法に基づく非接触三次元測定
(非接触型三次元測定)
測定結果 表面性状を最大3.5Mバイトの3D情報をもとに
高精度かつリアルカラーで表示いたします。
Z軸取込範囲 26mm
測定機重量 4kg
環境温度レンジ 15–30°C(キャリブレーション時は18–22°C)
環境湿度レンジ 推奨範囲:40–50%、許容範囲:30–60%
センサー寸法(WxDxH) 126x153x202mm

対物レンズ仕様

対物レンズの倍率 10倍 20倍 50倍
最小水平分解能 μm 2 1 0.64
最小垂直分解能 nm 100 50 20
ワーキングディスタンス mm 17.5 13 10.1
視野範囲(X方向) μm 2000 1000 400
視野範囲(Y方向) μm 2000 1000 400
SXタイプ対物レンズの倍率 2倍 5倍 10倍 20倍 50倍
最小水平分解能 μm 10 4 2 1 0.64
最小垂直分解能 nm 3500 510 130 70 45
ワーキングディスタンス mm 34 34 33.5 20 13
視野範囲(X方向) μm 10000 4000 2000 1000 400
視野範囲(Y方向) μm 10000 4000 2000 1000 400