可搬式非接触三次元測定機

可搬型非接触三次元測定機

近年は3Dプリンターが開発されて以来、3Dスキャナーのラインナップが増えており、持ち運びが出来るものも発売されております。しかし、非接触三次元測定機には細かなハンドリングが可能な可搬型のものはほとんどありません。
その中で、大きなサンプルを測定する必要のある3Dスキャナーでは、解像度の高い細かなデータが取れないなどの声も、しばしばあります。
そのためアリコナイメージング社は、大き過ぎるサンプルやそもそも動かすことのできない測定対象にアプローチできる非接触三次元測定機はないかと言う要望に応え、可搬型非接触三次元測定機「PORTABLE」を開発いたしました。

非接触三次元測定機の機能を踏襲しつつ、利便性を追求

ポータブル外観インフィニートフォーカスシリーズの測定原理である「焦点移動法」を踏襲しているため、測定スピードと精度は可搬型とは思えないほどのレベルとなっております。
更に、インフィニートフォーカスG5のヘッドと同じく、電動リボルバー形式のレンズ交換方式を採用しており、落射照明での測定を行います。
偏光フィルターを内蔵しているため、ハレーションの起こりやすいサンプルでも、容易に測定することが可能となります。
全自動ステージを外し、台座フレームを取り付けているため、インフィニートフォーカスG5と異なり、レンズ側が駆動することにより、50mm x 50mm x 26mmの範囲を取り込むことが可能です。
更に取手を取り付けたため、持ち運びが容易となっております。

 様々な形状の測定対象に使用可能

フレームは測定対象の形状にフィットするように数種類ございますので、測定対象の形状からご相談ください。
電源を確保していただければ、タワー型のデスクトップパソコンとディスプレイと一緒に移動することが可能な仕様となっております。
例えばキャスター付きのラックなどをご用意いただければ、容易に動かすことが可能となります。
そのため、鉄鋼製品の表面のような平坦な面、あるいは鋼管の表面、重工業のローターブレードなど曲面のある大きな対象物のナノ、ミクロンレベルの測定が可能となります。

 国際標準、国内標準にも対応

インフィニートフォーカスシリーズのG5やSLと同様のソフトを採用しているので、ISO(JIS)に対応しております。
基本的なプロファイル形状解析ソフト、線粗さや面粗さ測定も標準装備となっております。
他にもオプションのソフトも使用可能ですので、差分解析、自動測定による合否判定も可能となっております。
roughnessprofile_analysis

仕様

全般仕様
測定原理 焦点移動法にもとづく光学式非接触三次元測定
(非接触式三次元測定)
測定結果 表面性状を最大3.5Mバイトの3D情報をもとに
高精度かつリアルカラーで表示
レンズ側移動距離 50mm(x) x 50mm(y) x 26mm(z)
サイズ、重量 463mm x 226.5mm x 320mm(W x D x H)、10kg
レンズ仕様
対物レンズの倍率 2.5倍 5倍 10倍 20倍 50倍 100倍
取込間隔 μm 4.4 2.2 1.1 0.55 0.22 0.11
最小垂直分解能 nm 1800 450 110 60 60 60
最小再現性 nm 645 160 40 25 25 25
視野範囲(X方向) μm 7040 3520 1760 880 350 170
視野範囲(Y方向) μm 5280 2640 1320 660 260 130