CNC微細加工機バナー

微細精密加工機701S 製品特長

パラレルリンク機構によるマシニングセンターとして、ウィルミン・マッコデル社にて研究開発された微細精密加工機です。
従来の機構であるX軸(左右)、Y軸(前後)、Z軸(上下)の駆動実に代わり「デルタ構造パラレル運動機能」にもとづく理論に沿って開発された世界初のマシニングセンターです。

スピンドル回転数(ハイスピードミーリング)

超微細加工に対応する最高80,000rpmの工具スピンドルを標準装備し、軸受けには高精度セラミックベアリングを採用。
理論的に微小径工具での切削加工において最適な条件が得られます。
高速回転時でも工具が工具ホルダを介さずに直接スピンドルに装着されるため、振れのないバランスに優れた機能が発揮されます。

デルタ構造パラレル運動機能

この機能は、コンセプトがリニアモーターで駆動される直線3軸とワークヘッドが3本のアームで連結されております。
各リニアモーターのNCプログラムによる制御によりワークヘッド(ワークポジション)の位置および動きが制御される。
3本からなるパラレルリンク方式により駆動され、従来にない特性を生み出し、高剛性加工・動的負荷荷重の低減・従来の2倍から5倍軸移動速度などの変化を可能とした。

parallel_link_motion

工具と工具マガジン(ATC)及びパレットマガジン

ツールマガジンツールホルダーを使用しないでツールシャンクを直接スピンドルにクランプさせる方式。
この方式により36本収納のツールマガジンにすることでATCを非常にコンパクトにする事が出来ました。
また54mm X 54mmのパレットが12セット収納できるパレットマガジンが組み込まれ連続加工が可能です。

エコとコンパクトを基本コンセプトにしたマシン

微細精密加工を最大のコンセプトとして設計されたため、36本のATC、12パレットを装備しているが、機械は設置面積として約1000mm X 1000mmとなり、非常にコンパクトな筐体を実現しました。
エコについては消費電力がヘアドライヤーとほとんど同等の2kWとなっています。

スペック

加工範囲 トラベル X-Y-Z Φ52 x 32mm
送り及び切削能力 最高速度 72 m / min
加速度 50 m /S2 (5g)
モーター送り 65 N / 280 N max
分解能 <0.01μm(10 nm) 
スピンドル ツール取り付け径 Φ6 mm
パワー 連続/ ピーク 4.1 / 8.4kW
トルク  連続/ピーク 0.5 / 1.0 Nm
回転速度 0-80,000 rpm
ツールマガジン 収納本数 36本
ツールシャンク径 Φ 6mm h5
最大工具長 33 mm
工具チェック 長さ/ 径/ 形状 光学方式
パレットマガジン 12パレットサイズ 54 x 54 mm
クランピングシステム パレット 3 R 
クーラント方式 マイクロ潤滑 0.3 ℓ / 5 bar
オイル 4 ℓ / min
NC制御   PCベース

製品動画